取り立てを止められる

弁護士

業者と交渉してくれる

複数の借入先があるなど、借金が膨らんだときには弁護士に依頼が可能です。弁護士は債務整理と呼ばれる分野を扱っている先生がおり、消費者金融などと交渉をして解決へと導きます。素人では金融業者と話し合いを行うことは難しいですが、専門家の弁護士ならばそれぞれの借入先の業者と交渉をする能力を有しています。経験豊富な弁護士であれば、債務者個人の陥っている状態や借金額で解決の方法を検討します。あまりにも多額の債務を抱えていれば、自己破産の手続きを進めることができます。自己破産は全ての債務を返済しなくても良くなる制度で、ギャンブルや浪費が借金の原因でなければ誰でも利用が可能な手続きです。最終的に自己破産をすれば、それ以降は返済のことを考えなくて済みますし、取り立てが行われることも無くなります。また、弁護士に債務整理の依頼を行った時点で、金融業者に受任通知が送付されるので、取り立ての電話などがストップします。正式に弁護士に依頼してからは、法律のルールとして金融業者は債務者に取り立てができませんので、安心して生活を送れます。もしも、金融業者が受任通知を受け取ってから取り立てをした場合には、業務停止などの処分が下されます。借金の状況によっては、無理に破産しなくても良い場合もあり、債務額の減額を交渉する任意整理の方法で問題を解決できることも多いです。任意整理は個人で行うのは難しい手続きなので、得意としている弁護士に依頼したほうがスムーズに交渉が進みます。

Copyright© 2018 後回しにしてはいけない借金問題は弁護士に相談|債務整理等に詳しい All Rights Reserved.